ELEPHANT | VINTAGE SCANDINAVIAN MODERN DESIGN &

HOME
ONLINE SHOP ELEPHANT
  • no image
  • no image
  • no image
  • no image

TAPIO WIRKKALA(タピオ・ヴィルッカラ) | TRAY | SOINNE & KNI

ITEM NO.
TWWD001
STOCK
sold out
PRICE
0円(税込0円)
DESIGNER
TAPIO WIRKKALA|タピオ・ヴィルッカラ
BRAND
SOINNE & KNI
SIZE
400mm x 320mm
VINTAGE / USED
こちらは、ヴィンテージ/ユーズドの商品となります。商品買付け時においては、細心の注意を払い良質なコンディションの商品のみを買い付けてきております。傷や汚れ等、特に目立つダメージやコンディションに関しては表記しておりますが、経年変化や使用感などによる小さな傷まで全てを商品説明に表記しておりません。製造時における品質基準が現代ほど高くない時代の商品でもあります。気になる点がございましたら、ご注文前にお問い合わせください。同じ商品でコンディションに大きな違いがない場合は、一つの商品画像のみでの表示となります。商品画像は、モニタの設定に左右されますので実際の商品と色味が異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

TAPIO WIRKKALA(タピオ・ヴィルカラ)は、1948年に飛行機のプロペラをプライウッドで製造していたSoinne & Kiniとの協働によりプライウッドを素材とした作品づくりに着手。プライウッドから削り出されるリズムのある表面パターンに魅了され、1951年に最初の作品として葉っぱのフォルムをしたオブジェを発表、その後ASKOより発表される家具シリーズへと発展させていきました。 こちらは、プロダクトとして1953年にデザインされたバーチ材のプライウッドのトレーです。ラミネート加工。※目立つダメージ無く良い状態です。

TAPIO WIRKKALA|タピオ・ヴィルッカラ|1915-1985|FINLAND

ヘルシンキ芸術デザイン大学で彫刻を専攻。1946年にイッタラのコンペで一等を受賞し、その後亡くなるまでイッタラのデザイナーとしてアートピースからプロダクトまで数多くの作品をデザインしました。ガラスの他にも陶磁器、ジュエリー、彫刻、グラフィックデザイン、家具など様々な分野で活躍したフィンランドを代表するデザイナーです。手工芸的アプローチでフィンランドの厳しい自然からインスピレーションを得た芸術的な作品を数多く残しています。ルニング賞(1956年)、ミラノトリエンナーレで展示、ガラス、木製彫刻の3部門でグランプリ(1954・57年)など受賞歴多数。

TAPIO WIRKKALAの商品一覧へ▶▶▶

この商品について問合わせる
erik hoglund,höglund,エリック・ホグラン,boda,北欧
nathalie lahdenmaki,lahdenmäki,ナタリー・ラーデンマキ,北欧,iittala,arabia
ラッピング,ギフトラッピング,gift wrapping,how to wrap